<< マナー | main | サラリーマンと幼稚園児 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
紙の月
評価:
角田 光代
角川春樹事務所
¥ 1,620
(2012-03-15)
Amazonランキング: 76230位

宮沢りえさん主演で映画化もされた、女性銀行員による横領事件の話。

お金っていくらあったら幸せなんかな。
こんなこと考えても仕方がないけど、金で幸せな時間を買えることは確かだ。
でもそれはほんのひとときの話で、散々使い込んだ後の焦燥感とか、それに
よって大事なものを失くすこともある。

小さい頃からずっと、「お金持ちになりたい」と思って育った。
今もそう思うけど、その思いはお金を稼ぐほど、弱まってく気がする。
でも最近ようやく分かった。別にお金が沢山欲しいわけじゃなくて、
お金のことを考えなくてもいい日々が欲しかったのだと。

値段を気にせず好きなものを買って、食べたい物を食べ、訪れたい場所を
訪ね、習い事をしたり、子どもが大きくなって何かしたいと思った時に
応援出来るだけの経済力が。

お金に困ることなどない、どこか「ふわふわ」した感じになりたかったのだ。

ブランド物が欲しいとか、高級ホテルに泊まりたいとか、豪邸に住みたいとか、
外車を乗り回したいとか、所謂「大金持ち」になるための原動力、強い欲求は
自分にはない。何かを犠牲にする覚悟も、ない。

小さい頃から願った「お金持ちになりたい」という思いは、大人になった今
もう忘れていいのかもしれん。それが自分を、家族を幸せにするとは、とても
思えない。

月並みな結論だが、お金で買えないものに人生を費やすことが、その過程の
苦労や喜びこそが、幸せであるように思う。

このところ自分が何をしてどうなりたいのかわからなくて、もやもやしてて。
主人公に自分を重ねて、一喜一憂しながら読んだ。今の気持ちをメモしとく。
 
| レビュー | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:23 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://uluo028.jugem.jp/trackback/1083
トラックバック